カテゴリーなし

OPIC

概要

Oral Proficiency Interview computer (OPIc)は実生活でどれくらい効果的で適切な言語を使用できるかを測定する試験です。言い換えればOPIcは、受験者が外国語でどんなことができて実生活の各々の目的と関連した言語技術をどれくらい使用できるかを測定する試験です。したがってOPIcは受験者受験者の本質的な言語活用力を測定することになります。テストはパソコンを使って行われます。最近では韓国で有名な企業への就職時にOPIcのスコアの提出が必須となっています。

プログラム構成    
レギュラークラス (8時間)    1:1 クラス (4時間)
  4:1 クラス (2時間)
オプションクラス (3 時間)  モーニングクラス (1 時間)
  イブニングクラス (2 時間)

プログラムの特徴

  • 入学時、もしくはコース変更時にテストに合格しなかった場合はPower ESLコースを受講していただきます。
  • 受講生が1人の場合は1:1のクラスのみが6コマになります。2人の場合は1:1のクラスが4コマ、2:1のクラスが3コマの計7コマとなります。

 

OPIc – Noviceの説明:【OPIc入門編】

簡単な英単語や語句を活用して基本的な作文を行うことができるもの。語彙及び文法に対した理解によって作成した文がネイティブが理解できる程度のレベルで、短いメールやハガキ、リスト等が作成可能なレベル。

 

Intermediate – Lowの説明:【OPIc A】

馴染みのある話題に関して簡単な意見や質問内容を作成でき、主に現在詞を活用するが、主語、動詞、目的語の構造を理解し活用して、簡単な意見交換が出来るレベル。

Intermediate – Midの説明:【OPIc B】

職場や学校で必要な基本的な文章構成が可能。簡単な要約文を作成することができ、日常的な業務と関連した業務を行うことができるレベル。また、多様な文章で構成された書類も作成することができる。現在詞、他動詞も正確に活用できネイティブがある程度理解できる文章を作成できるレベル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です